企業の社員になることが前提の紹介予定派遣もオー人事で

オー人事で有名な大手派遣会社は、紹介予定派遣も充実しています。
紹介予定派遣とは、企業の社員になることを前提に、平均で3カ月ほど派遣スタッフとして就業してから企業との直接雇用となります。
このシステムは早期退職を防ぐことができ、企業と就職転職希望者双方にメリットがあります。

面接では、履歴書や職務経歴書の提出を求められることがあり、将来は自社の社員になることを前提としているため、一般的な派遣の面接より厳しくなりがちです。

採用が決まると、まずは派遣社員として就業します。
しかし、雇用契約はオー人事の派遣会社となり、給与や社会保険などが支給されます。

まだ企業との雇用ではないので、その点は注意が必要ですが、仕事内容や職場の雰囲気など、実際に就業しないと分からないことが確認できたり、「思っていたのと違う」というミスマッチを防ぐことができます。

派遣期間中でも正社員になったつもりで仕事をすれば積極的な姿勢とスキルをアピールできますが、採用見送りを心配して、消極的な態度をとると逆効果になってしまいます。

契約終了時に、企業とスタッフ双方の意思に基づいて直接雇用となりますが、企業によっては再度面談を行うことがあります。
また、契約を辞退する場合や、企業から採用見送りとなると、それ以上は同じ企業で派遣社員として働くことができません。

直接雇用には正社員、契約社員やパートアルバイトも含まれていますので、紹介予定派遣で必ず正社員になれるとは限りませんので注意が必要です。
なお、直接雇用が決定したら、給与や気になる点などは派遣会社を通じて交渉を行うことになります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:オー人事

このページの先頭へ