医療職の現状と国家資格の将来性

国家資格には様々なものがありますが、その中でも今後ますます需要が高まる資格の一つが医療系の資格です。
例えば、医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師、放射線技師、作業療法士、理学療法士など多くあります。
これら医療系の国家資格は、将来性が高いと言われています。

「医療職の現状と国家資格の将来性」の続きを読む

カテゴリー:国家資格

登録販売者の概要と国家資格の受験資格

ドラッグストアや薬局で、登録販売者と書かれたプレートを胸に下げている人を見かけたことがある方も多いのではないでしょうか。
2006年の法律の改正により薬の販売に関する制度が大きく変わりました。
改正される以前は、薬局やドラッグストアでは薬剤師がいないと薬を処方することも販売することも出来ないようになっていました。

「登録販売者の概要と国家資格の受験資格」の続きを読む

カテゴリー:国家資格

講習で取れる国家資格にはどのようなものがあるか

国家資格というと、なんとなく長い期間にわたる試験勉強と難しい試験を思い浮かべますが、中には1万円程度の講習費用を支払い、数日間の講習を受けるだけで取れるものもあります。
例えば「食品衛生責任者」です。

「講習で取れる国家資格にはどのようなものがあるか」の続きを読む

カテゴリー:国家資格

国家資格の取得も自分のペースで勉強できる通信教育がお勧めです

転職、就職には資格取得が有効です。
資格があると内定率はグンと上がりますし、その人の能力を証明するものになり、人に能力があることを一番わかりやすく、簡単に伝えることができる手段でもあります。

「国家資格の取得も自分のペースで勉強できる通信教育がお勧めです」の続きを読む

カテゴリー:国家資格

ジャンルの多い国家資格の種類

民間で行われている資格や、地方公共団体が主催する資格、そして国家資格など、現代では資格の種類が数多く存在し、その数は1000を超えているとされています。
その中でも特に就職などに有利とされているものに国家資格が挙げられます。

「ジャンルの多い国家資格の種類」の続きを読む

カテゴリー:国家資格

簡単に取れる国家資格として挙げられるのは、簿記3級、ITパスポートです

就職や転職のため、あるいは昇進、昇格や自己啓発のために資格取得に取り組む方も多いでしょう。
世の中いろいろな試験、資格があり、誰もが知っている有名なものから、特定の企業や団体が実施しているもの、あるいはほとんど知られていない資格試験など様々ありますが、せっかく取るなら知名度が高い国家資格を取ったほうが何かと有利です。

「簡単に取れる国家資格として挙げられるのは、簿記3級、ITパスポートです」の続きを読む

カテゴリー:国家資格

医療事務には国家資格を必要とする検定試験が存在します。

最近では進学や就職、転職を有利に進めるために資格を取得する人が増えてきました。
そのなかでもフル勤務として業務をこなす正社員と、子供が家にいない時だけ仕事をするといったパートのように勤務形態を家庭の都合に合わせて選べるので、女性を中心に医療事務の資格を取得する人が多くなっています。

「医療事務には国家資格を必要とする検定試験が存在します。」の続きを読む

カテゴリー:国家資格

医療系国家資格は、特定の学校で規定の年数を修め、卒業資格が与えられると受験資格が与えられます

医療系国家資格には医師、歯科医師、薬剤師、看護師、保健師、助産師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などがあります。
文部科学省や厚生労働省が管轄する大学や専門学校で規定の年数を修業し、卒業資格が認められると国家資格を受験できるための受験資格を得られます。

「医療系国家資格は、特定の学校で規定の年数を修め、卒業資格が与えられると受験資格が与えられます」の続きを読む

カテゴリー:国家資格

通訳案内士は外国人観光客に対するガイドの国家資格です。

通訳にかかる国家資格は、観光庁長官が実施する通訳案内士試験があります。
この試験に合格して、都道府県知事に登録した者のみが外国人観光客に外国語での観光案内を行って報酬を得られます。
違反すると法に基づき罰則が科せられ、無資格者は報酬を得て外国人観光客に対する観光案内はできません。

「通訳案内士は外国人観光客に対するガイドの国家資格です。」の続きを読む

カテゴリー:国家資格

国家資格を取って就職したいなら、専門学校がお勧め

不況が続いている現在では、何か資格を取ってキャリアアップしたいと考える人が増えてきています。
今は民間の資格も含めると、相当数の資格が存在します。
中でもキャリアアップを目指す人に人気があるのが国家資格です。

「国家資格を取って就職したいなら、専門学校がお勧め」の続きを読む

カテゴリー:国家資格

このページの先頭へ