英会話教材はいろいろあるけれど、価格の相場って?

「聞き流すだけで英語が身に付く」こんなキャッチフレーズをよく聞きます。
広告や宣伝を見て、英語を話せるようになりたいと英語に興味を持った人、実際に購入して使ったことがある人は少なくないでしょう。
本当に英会話教材を使って英語が身に付くのなら是非購入してみたいものですが、やはり、価格が気になります。

「英会話教材はいろいろあるけれど、価格の相場って?」の続きを読む

カテゴリー:教材

理科教材のオンライン販売とその用途

小学生や中学生の理科離れが加速していると言われる昨今、理科という科目に興味をもってもらおうと、各地でいろいろなイベントやセミナーが行われています。
そのような中で、学校の先生は生徒が理科に興味を持てるよう、さまざまな工夫を凝らす必要があります。

「理科教材のオンライン販売とその用途」の続きを読む

カテゴリー:教材

日本語教師がいろいろな教材を準備する方法

現在世界中で、日本語教師として活躍されている方々がいます。
世界的にみると、日本語を母国語としない人が教師として教壇に立っている割合が大きいですが、そのような場合でもアシスタントや実習などの場面でそれら外国人教師をサポートしている日本人も多く、日本国内ではほとんどの場合、日本語を母国語とする日本人が教えています。

「日本語教師がいろいろな教材を準備する方法」の続きを読む

カテゴリー:教材

使う人に分かりやすい教材編集とは

ひと口に教材といっても、さまざまあります。
通信、書籍、テキスト、映像や電子媒体などがあり、その対象も幼児から大学生、社会人まで、利用する年齢層も多岐にわたります。
これらを使った学習を始めようと思っても、種類が多く、どれが自分の目的に合っているのか迷ってしまうものです。

「使う人に分かりやすい教材編集とは」の続きを読む

カテゴリー:教材

パワーポイントでどんな教材が作れるか

授業中、先生が説明しながら黒板に書いた内容を生徒が聞きとりながらノートに書き写す、というのが一般的な授業風景です。
しかし、パワーポイントを使用した教材を併用することで、生徒の関心や集中力を高めることに役立ちます。
このアプリケーションは、アイデア次第ですべての教科で活用することができます。

「パワーポイントでどんな教材が作れるか」の続きを読む

カテゴリー:教材

保育園でも使われる教材やメソッド

待機児童の問題や規制緩和により、これまで文部科学省の管轄であった幼稚園と、厚生労働省管轄の保育園の差をなくそうという動きが盛んです。
一部都市などを除けば全体的には少子化傾向にあるわけですから、園児獲得のためにも保護者のニーズに合った運営方法に変わらざるを得ないでしょう。

「保育園でも使われる教材やメソッド」の続きを読む

カテゴリー:教材

TOEICのリスニング対策で知っておきたいこと

日本人の耳は普段日本語に慣れてしまっていますから、TOEICのリスニング対策は、事前準備として、とにかく繰り返し英語を聞いて耳を慣らしておくことです。
その時に、声に出して読むことで、聞き取りもしやすくなりリスニングの力が向上します。

「TOEICのリスニング対策で知っておきたいこと」の続きを読む

カテゴリー:TOEIC

求人にも有利!挑戦TOEIC900点を目指せ!!

TOEICは、世界共通で通用する英語のコミュニケーション能力を推し測るひとつの目安として、とても重要な役割を担っています。
ハイスコアなら就職や転職に有利だったのは昔の話だとか、そもそもそれだけで英語力は測れないから全くの無駄、などと言われることがありますが、実際は送られてきた履歴書に記入されたTOEICのスコアに目を向けるのが採用担当者です。

「求人にも有利!挑戦TOEIC900点を目指せ!!」の続きを読む

カテゴリー:TOEIC

英語のコミュニケーション能力テストTOEICとサンプル問題

いろいろな国の人とのコミュニケーションには多くの場合、英語が使われます。
話せるようになりたいと始めた英語の勉強も、自分がどの程度の英語の会話能力があるのか知ることは、その後の学習意欲アップにもなっていきますし、英語が使えるということを客観的に証明できれば就職にも有利になります。

「英語のコミュニケーション能力テストTOEICとサンプル問題」の続きを読む

カテゴリー:TOEIC

通信教育を活用してTOEICのスコアアップを目指しましょう。

TOEICを受験する場合、市販の問題集を購入して学習しても、なかなか勉強に集中できないという人が多いのではないでしょうか。
また、受験経験を持つ多くの人が、ある一定のレベルまで到達するとスコアが伸び悩む傾向があります。
このような壁を乗り越えてスコアアップを実現するために、通信教育の活用がおすすめです。

「通信教育を活用してTOEICのスコアアップを目指しましょう。」の続きを読む

カテゴリー:TOEIC

このページの先頭へ