カウンセラーの通信講座の受講期間は、一部は数年に渡りますが半年以内のものが多いです

メンタルケアの知識を持つ人材は、病院やカウンセリング施設だけでなく、一般企業でもニーズが増えているようです。
カウンセラーの通信講座にも種類がいろいろあります。

産業カウンセラーのような取得するのに時間がかかるものから、色で心を癒すという「カラーセラピスト講座」は自宅サロン開業などの道が開けており、大人相手ではなく、いじめや不登校に悩む子供の心を理解する「チャイルドカウンセラー」などは、学校や教育機関などで活躍の場が与えられます。

通信講座の内容ですが、精神医学の基礎知識、カウンセリング理論、相談事例集、添削問題集、講義や実技を収録したDVDなどがセットになっています。

臨床心理士や医学博士などのプロが監修しているDVDを採用しているものもあります。
受講料金は数万円で、受講期間も半年以内の短いものが多いです。

数年に渡る長いものもありますが、一部です。
プロによるカウンセリングの実習、心理療法などを体験して、心理学の知識からカウンセリングの技術までを学ぶことができます。
プロにならないまでも、料金の安さと受講期間の短さを思えば、取得しておいても良い資格ではないでしょうか。

上司と部下、あるいは夫と妻、嫁と姑などの対人関係でギクシャクすることなど普通にあるので、自分の身の回りの人の悩みに応えることもできそうです。
なお、通信講座の修了生は、メールや電話によるカウンセリングの仕事で活躍しているとのことです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:通信講座

このページの先頭へ