人の役に立てる美術の通信講座

美術が好きで趣味として絵を描かれたり創作活動をする人は多いですが、人の役に立つ技術を身につけられる美術もあります。
医療、福祉の現場や地域コミュニティーでのボランティア活動として、芸術的な創作活動を行う、クリニカルアートの資格を取得する事が出来る通信講座です。

クリニカルアートは臨床美術のことで、認知症に対する予防や改善、心のケアを目的として絵を描いたりする創作活動をするものです。
通信講座で使用されるオリジナル教材は、実践的ですぐに役に立つ内容となっています。

初めての方でも理解しやすい図解と説明がなされていて、すぐに取り組めます。
課題の添削作業には、クリニカルアートの経験豊富な講師が行い丁寧な説明とアドバイスが貰えます。

課題に取り組んでいて質問や疑問が出た場合はメールなどで気軽に相談する事も可能で、すぐに問題解決がはかれます。
脳とこころの活性化に良い刺激を与え、楽しみながリラクゼーションすることも出来るクリニカルアートの講座は、講座終了後の活動場所も様々な場所があります。

老人ホームや介護施設、福祉施設から子どもの絵画教室や、自治体の支援センターなどもありますし、震災被災地での活動なども行われています。

相手に心のままに絵を描かせることは、今その人がどんな精神状態でいるのかということを理解するために重要な事です。
少しでも症状が改善されるようお手伝いすることが出来るクリニカルアートは、今、注目の人気通信講座です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:通信講座

このページの先頭へ