MBAは通信講座で取得する事も可能です

MBAとはMaster of Business Administrationの略称であり、日本では経営学修士に相当する学位です。
経営学修士は、企業の経営に役立つ実践的戦略や指導力などを学問として身につけた事を認定するものです。

欧米においては、その取得(修習プログラムの修了)の難易度の高さから、ビジネスエリートへのパスポートであるとも揶揄されています。
通常、MBAを取得するには2年間学校に通い、財務、会計、マーケティングなどの授業を受ける必要があります。

ただ、最近では忙しくて中々学校に行けないビジネスマン向けのために、通信講座プログラムも開設されています。
このプログラムは経営学修士を取得するために必要な教育カリキュラムを組み込んだものです。

受講者は教育カリキュラムをこなし、卒業試験に合格さえすれば、実際に学校に通わなくても認定資格を取得する事が出来ます。

通信講座でのMBA取得を行うメリットとしては、①実際に学校に通う必要がなく自分の好きな時間を利用して学習が出来るので、忙しい人でも資格取得が可能である事、②実際に学校に通うプログラムに比べると受講料が相対的に安い、といった点が挙げられます。

一方のデメリットとしては、①課題が多いため、強い意志をもって受講しないとプログラムについていけなくなる、②常に一人で勉強する事になり、相談できるクラスメート等がいない、③人脈が広がらない、といった点があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:通信講座

このページの先頭へ