ITパスポートとは、情報処理技術に関する国家試験です

ITパスポートとは、情報処理技術に関する国家試験です。
パソコンの操作やデータ処理など、インターネット社会では、今後ますます必要になる時代です。
ITを最大限に活用して、情報セキュリティなどのリスクを理解し、安全に情報収集とITを活用できる人材を育てるのが目的です。

出題されるのは、ITを活用する上で必要となる基礎的な知識、業務を安全に行うために必要となるセキュリティに関する知識、新しいIT技術に対する問題などが出されます。

試験はCBT方式で行われ、コンピューターを利用して実施されます。
受講者はコンピューターに表示された試験問題に対して、キーボードやマウスを使って答えていきます。

受験後、すぐに結果が出ますから、人の手が必要なペーパーテストに比べるとこちらの方が効率が良いと言えます。
集計などはコンピューターが得意とする分野です。

試験の出題数は100問で、1000点中分野別評価点がそれぞれ300点以上、それに加え600点以上の総合評価点を取らなければなりません。

独学でこれだけの点数を取るのは不可能でしょう。
ITパスポートの通信講座では、最新の教材で基礎知識を身につけることができます。

出題傾向を分析して作られたテキストと問題集、公開模試では、自分のレベルを客観的に把握することが可能です。
受講期間は半年、受講料は2万円程度ですので、勉強する期間といい料金といい、それほど負担は大きくありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:通信講座

このページの先頭へ