小説の通信講座では、文章の添削や、感想などプロになるためのいろはを手取り足取り教えてくれます

小説を書くのにあたって必要なのは、感性です。
感性というのは素質によるものが大きいですが、逆に感性だけでも、小説は書けません。
どれだけ豊かな想像力を持ち、魅力あふれる物語を考え付いたとしても、体裁が整ってなければ1ページ目を開いたときに、読者はその手を止めてしまうでしょう。

通信講座は、基本的な文章力を養うのに最適です。
通信講座を受けたからといって、全ての人間がプロの物書きとなって脚光を浴びるわけではありませんが、どれだけ感性が優れた人間も基本ができていなければ、世に羽ばたくことは難しいのです。

文章の添削や、感想など小説家になるためのいろはを、手取り足取り教えてくれます。
講師の方は一線で活躍されている方が多いので、一人で試行錯誤して悩むより、講座を受けたほうがはるかに有意義な時間の使い方ができるはずです。

そもそもノウハウというのは先人が培った知恵です。
先人は自ら試行錯誤して道を切り開いていきましたが、ノウハウを効率良く学べば自ら道を切り開く必要はなく、先人が作った道を歩けばいいのです。

文章を書く基本さえ理解できれば、後はあなたの表現力がどれだけ優れているか、どれだけ感性が優れているかが試され、講師陣から直接話を交わすスクーリングを実施している場合もあるので、スクーリングにいけば、必ず有意義な話が聴けるはずです。

仕事の合間や休日などを使って、講座をうまく利用して勉強すればあなたの文章力は磨かれるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:通信講座

このページの先頭へ