マンション管理士を目指すなら通信講座で学ぶのが一番お勧めです

マンション管理士とは、マンションに関する専門的な知識を活かして、管理組合の運営、或いは建物構造上の技術問題等のマンションの管理に関して、様々な相談に応じ助言や指導、援助を行う事を業務としています。
そんなマンション管理士になるためには、試験に合格した上で登録する必要があります。

受験資格には特に制限はありませんが、試験にはマンション管理に関する法令や実務といった専門的な問題が出されるため、それなりの勉強と知識が必要です。

試験に合格するための効率の良い勉強法としては、資格スクールで学ぶという方法があります。
しかし、こういった資格スクールが近くにない場合には、通信講座で学ぶという選択肢も存在します。

学校等を利用せずに、独力で合格出来れば経済的ではありますが、マンション管理士の試験というのは競争率が激しく、合格率もかなり低くなっています。

加えて試験も年に一度しかチャンスがないという狭き門である事を考えれば、合格するためには学校や通信講座を利用した効率の良い勉強法が必要となるでしょう。

特に、働きながらこの資格を得たいと考えている人の場合、学校に通う時間もなかなか取れないこともありますので、通信講座で休日等に集中的に勉強するといった方法が現実的です。

そして、この資格を取得して得られる利点としては、マンションの仲介業者や管理業者にとっては特に大きく、顧客からの信頼を得る事が出来ます。
都市部を中心に大型マンションが更に増えている状況を見れば、将来性も見込める資格だと言えるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:通信講座

このページの先頭へ