介護福祉士の通信講座を終了した後が大事です

介護福祉士は社会福祉士及び精神保健福祉士と並んで福祉の国家資格の一つです。
1987年に制度化されました。
専門的知識や技術をもって、身体や精神上の障害があって、日常生活を営む上で支障がある者につき心身の状態に応じた介護を行い、並びにその者やその介護者に対して介護における指導を行うことを業とする者をいい、ケアワーカーとも呼ばれ名称独占資格の一つです。

現在通信講座などで資格取得を目指す方が増えています。
介護福祉士になるには、大きく分けて養成施設を卒業するコースと国家試験を受験するコースがあります。

学歴や実務経験により受験資格や実技試験免除など違いが存在します。
通信講座で受講する場合には、自分はどのコースを進んだら良いか十分検討する必要があります。

まずヘルパー2級以上を取得して施設や訪問介護など3年間の実務経験を経て、受験資格を得て国家試験に挑むことが近道という受講生もいます。

介護福祉士は豊かな感性、洞察力や情報分析能力、介護方針の計画立案、細かい心遣い、チームケアの一人としてのコミュニケーション能力に体力も必要です。

業務内容は入浴、食事、排泄等介護に直接関わり過酷で離職率も高い職場です。
ただ毎月のレポート提出やスクーリング、実習等通信講座を受講しただけでは勤まらないと言えます。

介護利用者の暮らしを支え、自立に向けて介護利用者や家族と共に実践するという強い精神力と社会貢献力が必要になってきます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:通信講座

このページの先頭へ