行政書士通信講座比較とネット検索し自分にあった講座選びを

行政書士は、他人の依頼を受け、役所に提出する許認可のための申請書類の作成を行う代書的業務や提出手続代理、相続・遺言書等の権利義務及び契約書の作成等を行うことで、法律に関するトラブルを未然に防ぐための法律事務を行い、報酬を得る国家資格です。
そのため行政書士でない者が、行政書士法に規定する業務を行うと法律により罰せられます。

では行政書士になるにはどうすれば良いのでしょうか。
資格を取るためには独学、通信講座、通学などの方法がありますが、それぞれの一長一短があります。

行政書士試験は、年齢、性別に関係なく受験することができるので、多くの人が受験していますが、合格率が1割にも満たない大変難関な国家試験です。

独学は費用が安く済みますが、テキストや参考書を選ぶのも自分で決めなくてはならず、初心者向けではありません。
通学も良いのですが、比較的費用が高額ですし、行政書士試験受験者の多くは、仕事をしている社会人です。

制約された時間の中で、通学と仕事を両立させることはとても難しく途中で挫折する人もいます。
その点費用と教材のバランスが取れ、独学と通学の両者の強みを兼ね備えているのが通信講座と言えます。

数ある行政書士通信講座の中から最適の講座を選ぶには、行政書士通信講座比較とネット検索し選ぶのが良いでしょう。

費用、テキストの読みやすさ、フォロー体制、口コミ、合格率などを客観的に比較できるので、講座を選ぶ比較検討の材料にすることができ、自分にあった通信講座を選ぶ一助になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:通信講座

このページの先頭へ