心理学関連の通信講座とカウンセリング

現代社会においては、誰でも心の悩みを抱えているものです。
仕事や学校での人間関係や家庭事情など、昔に比べて複雑なものとなってきています。
悩みが重症化すると鬱病や自閉症となり、専門科医での投薬やカウンセリングが必要となります。

また、専門科医とは別に、カウンセリング専門に相談を受け付けるカウンセラーという職業も増えてきています。
このカウンセラーの多くは心理学を学び、多くの悩みに対応しています。

近年、カウンセラーの需要の増加から、心理学は通信講座でも勉強できるようになりました。
心理学の通信講座は数多くの資格があるため、多くのコースに分かれています。

認定心理士や臨床心理士といったコースが有名で、特に人気があります。
会社経営の悩みを聞く企業カウンセラーや、自己分析を目標にしたセルフカウウンセリングコースもあり、他には、占い師になるのが目的で通信講座を受ける人も居ます。

占いも1種のメンタルカウンセリングといえるので、心理学の知識はあるに越した事はないでしょう。
本来、カウンセラーという仕事は、精神科医や診療内科医とは違って厳格な規定はありません。

極端に言うと、誰でもなれる仕事です。
多くの講座や資格は、相談者の信用を得る為のものといえます。

人気があり、取得が難しい認定心理士や臨床心理士の資格でさえ、国家資格ではありません。
人の心は複雑で、そして、悩みに対してそれぞれ考え方が違います。
それでも、多くの人は悩みを誰かに聞いて欲しいという気持ちがあるので、それがカウンセラーの役目となっているのでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:通信講座

このページの先頭へ