10パーセントを切る合格率の社会保険労務士の資格を通信講座で

社労士の略称で呼ばれることが多い社会保険労務士ですが、この資格を手に入れようと思うと中々手強いものがあります。
皆さんの会社にも健康保健や雇用保険、年金などの手続きをしている人がいるかと思いますが、よりプロフェッショナルな仕事をしているのが、この職業です。

これらの手続きの他には労働規則や給与計算なども、独立開業している人ならばメインの業務になります。
この資格の合格率は、10パーセントを切っています。

同じ士業である弁護士や司法書士と比較すると若干高めのパーセンテージですが、それでも簡単に手にできる資格ではありません。
この資格の特徴として、社会人が職務上必要となり勉強するようになったという割合が高いことにあります。

勉強しだすと面白くなり、とうとう資格を手にするようになったという人が多いです。
さて、そんな社会保険労務士の資格を、通信講座の利用で手にすることもできます。

添削の他にも、インターネット上での指導を受けることが出来たり、DVDやオンラインで講義を視聴することが出来たりするようになったことが大きな特徴だと言えます。

誰もが手にできる資格ではないので、勉強すればするほど疑問点が出てきますが、即座に電話やFAX、メールといった手段で答えてもらうことが出来るので安心です。

その為、教材が良いものになるほど費用もアップし、安い通信講座でも80,000円というのが相場となっています。
しかし、時間のない人にとっては、通学しなくてよく、独学よりも心強く頼りになるというのは、有難い手段ではないでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:通信講座

このページの先頭へ