FP資格取得には初心者向けの2級通信講座が最適です

ライフプランというと、本来は人生設計の意味です。
ところが近年では、「生活設計上の資金プラン」をライフプランと捉える傾向があります。
顧客個人の資産や家族構成などの情報を基に、住宅、教育、老後など、将来に備えた資金計画を作成したり、そのアドバイスを行うのがファイナンシャルプランナー(FP)です。

FPには、企業で活躍する企業系と独立、開業して活躍する独立系の2つのタイプがあります。

前者は特定の金融機関(銀行、保険会社など)に社員又はパートナーとして所属し、専門知識を活かして会社の商品やサービスを販売します。
後者は自営業として独立して、コンサルティングや講演などの活動を行います。

FPの国家資格には、1級から3級のレベル区分があり、入門的な位置づけの3級は、基礎知識を身につけるレベルの試験なので、独学でも取得可能です。

2級になると学ぶべき専門知識が多くなり、試験範囲が非常に広くなります。
残業が多くて決まったスケジュールが確保できない会社員や、育児やパートタイマーなどで忙しい主婦、教室が遠くて通えない人には通信講座が良いでしょう。

自宅で好きな時間に自分のペースで学習でき、教材が一式揃っているので、すぐに始めることができます。
また、質問して疑問点の解決可能です。

2級の通信講座では、国家資格と民間資格も同時に取得できるコースがあり、実務経験がない初心者向けの講座として人気となっています。
今までの経験や生活スタイルを考慮して、自分に合った方法で資格取得を目指しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:通信講座

このページの先頭へ