マークシート試験の社会福祉士の受験対策は、通信講座が最適

最近は、在宅介護や有料老人ホームの割合が増えてきていますが、まだまだ介護の仕事に携わる人数が少ないと言われています。
その中でも、社会福祉士という資格が求められることが多く、沢山輩出したい割には合格率が低い国家資格となっています。
2011年では3割弱だった合格率が、2013年には2割を切っています。

試験はマークシート式ですが、きちんと理解をしていないと60パーセントの合格ラインには到達できないように出来ているのです。

この資格はマークシート式の試験ということもあり、通信講座での人気講座の一つとなっています。
7ヶ月から8ヶ月を勉強のスパンと設定しているところが多いのですが、これは一概に言えません。

どの講座でも共通して言えることではありますが、学生が就職の強みとして取得しておきたいと考える場合、毎日しっかり勉強できますし、学校で学ぶものも共通している教科もありますので、設定期間よりも早く終了することが出来るでしょう。

しかし忙しい社会人であれば、仕事や家庭の事情で、何日も何週間もテキストに目を通すことさえ出来ない時もあります。
そんな場合でも、通信講座はフォローしてくれるので安心です。

通学式の学校ならば一律の期間の勉強ですが、この場合、1年半や2年というスパンで対応してもらうことができます。
長期戦でこの社会福祉士という国家資格を取得することを考えている方ならば、通信講座を受講してみてはどうでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:通信講座

このページの先頭へ