通信講座で一番の人気を誇るのが、医療の事務分野です

資格の取得といえば通信講座というぐらい、最近ではポピュラーな勉強方法となっています。
様々な企業が様々な講座を開講しており、興味のないものでもテレビや広告でその一覧を見ると、思わずうなってしまうようなものもあります。
取りたい資格がない人は、まずその一覧を見て、そこから選んでチャレンジするというパターンも多いようです。

興味があれば、一本の電話、一通のメールで直ぐに資料が送られてきます。
さて、そんな通信講座の中でも一、二を争う人気の講座と言えば医療です。

その中でも、看護士ではなく、事務の方に人気があります。
資料請求をされた方はお分かりでしょうが、医療事務の仕事の最大のメリットは、働く形態を選択できるところです。

総合病院で月曜日から金曜日までフルタイムで正社員として働くパターン、個人病院でパートタイマーとして午後だけ働くバターン、しっかり稼ぎたいので派遣として病院を掛け持ちするパターンなど、色々な選択が出来るのです。

最近では、調剤薬局での事務も人気があり、更に働く場が増えています。
資格がなくても雇ってくれる病院は多いのですが、総合病院で正社員となると、持っていない場合は選考にすら入れてもらえないのが現状です。

経験もしくは資格のどちらかが必須条件ですので、病院で働きたいと考える方は、まず通信で資格を取得しようと考えます。
ただ、取得後の就職のバックアップをしてくれる所としてくれない所がありますので、その点は受講前に確認する必要があるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:通信講座

このページの先頭へ