通信講座での司法書士の目指し方

新聞の折り込みチラシやテレビCMでも多く見かける学習方法に通信講座があります。
その中でも、受講者が多く人気があるものは司法書士の資格取得を目指す講座です。
司法書士の主な仕事内容は、主に不動産登記に関する仕事で、他には遺言や相続のアドバイスもあり、それに加えて、訴訟額140万円以下の裁判では法廷で弁護士同様に弁護活動ができます。

司法書士は、市民の日常生活で発生する法律問題の解決や市民の権利保護などができたりと、活躍の場がとても多い仕事です。
その資格取得までの対策は通信講座でも可能で、受講期間は平均して12ヶ月から15ヶ月となっています。

講座内容としては、民法、不動産登記法、商法からはじめ、憲法、刑法、民事訴訟法など広範囲にわたります。
資格試験の合格率は約3%前後というとても難易度が高い試験で、その試験の第一関門と言えば筆記試験になります。

通信講座でも学習をする民法、不動産登記法、商法、商業登記法が7割を占めると言われている試験で、その難関を突破した人だけが次に口述試験を受けることができます。

口述試験の合格率は約100%と言われているため、筆記試験に合格すれば、ほぼ資格取得は間違いないと言っても過言ではないでしょう。

司法書士は独立や開業も可能で、就職や転職では非常に有利とされている資格の一つです。

報酬は努力次第で上を目指すことができる仕事でもあるので、高いニーズがある司法書士はとても魅力的な仕事と言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:通信講座

このページの先頭へ