公務員には独学かそれとも通信講座か

なりたい職業でも常に上位にランクインする公務員の仕事ですが、一般的に名のある大学を卒業していると就職に有利とされています。
しかし、高卒や他の大学を卒業した人はどのように進めば良いのでしょうか。
将来安定した職業に就きたいという理由から人気の高い職業のため、書店に行けば試験対策のテキストや参考書、攻略本まで多様の対策本が出ていることがわかります。

そして、通信講座という選択肢もあります。
まず目指す職種を決めることから始めます。

職種は大きく分けて二つあり、中央政府か地方自治体に属するかにより、国家公務員と地方公務員とに分けられます。
前者は防衛相や国会、裁判所職員などで、後者は市役所、警察官、消防局などが代表的な勤め先です。

独学で試験を受ける場合に大切なことは、合格を信じて、固い意志を持たなければなりません。
独学のデメリットは、自分で疑問を解決し、人の何倍も勉強しなくてはならないということで、根気よく続けて、何よりも忍耐力が必要となります。

但しその反面、学習に費やすコストが削減できるという大きなメリットがあります。
また、自分にあった参考書を実際に見て選べるという点もメリットになります。

次に、通信講座での試験対策ですが、これはもはや一般的とも言えます。
講座カリキュラムが決まっており、テキスト通り進めて合格までを目指します。

試験対策や統計が出ているので、無駄なく勉強できる点がメリットと言えるでしょう。
しかし現代では、勉強するツールはたくさんありますし、通信講座でも同じものを受けている人はたくさんいます。

その中で、自分の将来にプラスになるような何かを見つけ出し勉強をすることで自信にもつながり、将来的に就職時において有利になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:通信講座

このページの先頭へ