幅広く活躍できる管理栄養士の資格を通信講座で学ぶ

今は健康ブームということで、健康な体をいつまでも保っていられるよう、食にこだわる方が多くなってきています。
そんな中、食事のアドバイザーのような資格取得を目指す方も増えており、まさに食育ブームです。
マクロビオテック、薬膳、漢方など様々な分野があり、食育といっても色々な種類が存在します。

そんな中、食に関わる、また、健康に関わる仕事といえば、代表的なところでいうとやはり栄養士です。

その仕事内容は、病院で医師の指導のもと、患者への栄養指導を行なったり、生活習慣病の予防や健康増進の栄養指導、学校などでの給食施設での栄養管理をします。

この資格は、厚生労働省が指定した科目を全て、大学をはじめ短大や専門学校で栄養系の学科を受けて勉強し、卒業すると資格が取得できます。

試験はなく栄養系の学科を卒業する方は取得できるため、この資格取得者は多いです。
そこで、さらに注目されている資格があります。

唯一国が認めている栄養関連の国家資格である管理栄養士で、受験には既定の受験資格が必要ですが、年齢制限がありませんので、栄養士の資格を取得してから年月が経ってしまっていても大丈夫です。

仕事をしながらさらにステップアップを目指すのにぴったりな勉強方法が通信講座で、通信講座ならではの充実した教材と、ポイントを押さえたアドバイスがもらえるなど、試験に向けて効率よく学ぶことができます。

試験はマークシート式なので独学だと時間がかかりがちですが、学ぶべき箇所をしっかり網羅して教えてくれる通信講座は、資格取得の近道になるのでお勧めです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:通信講座

このページの先頭へ