通信講座でホームヘルパー2級の資格取得

ホームヘルパー2級は、平成25年4月から「介護職員初任者研修」へと名称が変わりました。
しかし、受講項目の内容が大きく変わったわけではありません。
ヘルパー2級の資格を取得するには、学校や専門学校に通う方法と通信講座を利用して取得する方法があります。

通信講座を利用する場合、自宅での学習だけで資格が取得できるわけではなく必ずスクーリングが必要になりますが、通学スタイルで資格取得をするよりも費用が抑えられるのが特徴です。

そして、最大のメリットは時間で、学校等に通う場合、自分の都合で勉強できるのではなく、学校が設定した時間割に沿って通う必要がありますが、自宅で学習して資格取得を目指す場合は、自分の都合のよい時間に勉強をすることができます。

小さなお子さんがいたり、介護が必要な家族を抱えている人にとっては大変好都合です。
ヘルパー2級は講座を受講するだけで資格の取得が可能ですし、受講条件もありません。

また、日本は高齢化が進んでいるため活躍の場がなくなることはありませんし、近年では障害者を預かる施設での需要も高まりつつあります。
講座で習う内容は、ご自身のためにもなります。

介護に関する法律だけでなく実践的なことも学びますので、ご家族に介護が必要になった時に必ず役に立ちます。
通信講座で勉強をする場合、時間が自由な分、自己管理も必要になります。

自己管理に自信がある方なら、自宅学習で介護職員初任者研修の資格を取得するのもひとつの方法です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:通信講座

このページの先頭へ