精神保健福祉士通信講座の選び方

精神保健福祉に関する専門知識や、精神障害者の社会復帰の為に必要な社会福祉の専門知識を学習するのが、精神保健福祉士通信講座です。
働きながら短い期間で学習出来る上、通学時間や受講料の削減を考える人が多く通信講座が主流になっています。
主に福祉系の大学や専門学校の通信教育部が行っている場合がほとんどで、多くの受講生が国家試験を突破して、資格を活かして活躍しています。

聖徳大学通信教育部が行う精神保健福祉士の通信講座は書類選考のみの入学手続きで、卒業と同時に精神保健福祉士と社会福祉士の受験資格の取得が可能です。

国家試験科目の集中講義や対策講座等が充実していて高い合格率を誇っており、経営学や医療そして保健等の幅広い視点を持つ福祉のプロを目指せます。

日本福祉大学通信教育部が行う精神保健福祉士通信講座は、インターネットを活用した在宅学習システムを取り入れた講座です。

日頃の学習から課題添削、科目修了試験まで自宅のパソコンで実施出来、タブレットやスマートフォンでもオンデマンド科目の視聴が可能な点が特徴で、2013年度の国家試験では大学全国1位の86名の合格者を輩出しています。

京都医療福祉専門学校では、最短11か月で国家試験の受験資格を取得出来る短期養成課程があり、全国各地から受講生が集まります。

各学校では資料請求の受け付けや入学説明会を行っていますので、各学校のカリキュラム等の比較検討をされてみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:通信講座

このページの先頭へ