調剤薬局事務の仕事と通信講座

何年か前までは病院で薬を処方する院内処方が殆どでしたが、最近は院外の調剤薬局で処方する院外処方に変わって来ています。
このような仕組みの変化に伴い、主婦の間では調剤薬局事務の仕事が人気急上昇中です。
仕事の内容は、薬局において受付や会計、処方箋のチェックやお薬手帳の発行、レセプトと言われる調剤報酬明細書の入力等で、雇用形態も正社員、派遣社員、パートと様々あります。

月末や月初めは忙しいですがそれ以外は時間に融通が利き易く、小さいお子さんがいる方は、かなり個人的な事情に対しても許容度が高いと言われています。

人気の調剤薬局事務の勉強をしたいとお考えの方に、40年余りの医療教育で実績のあるニチイの通信講座を紹介します。

終了後の認定資格の取得が可能で日本医療教育財団認定の実践に基づくカリキュラムが組まれており、解らない事は専任アドバイザーによるサポートが受けられるのが特徴となっています。

万が一、標準期間内で終了できなくても、更に無料で4ヵ月間受講期間を延長できる制度がありますので、安心してじっくり学習が進められます。
逆に、1ヵ月~3ヵ月のスピード終了も可能なので、自分のペースで進めていきましょう。

接客マナーから学習出来ますので、接客に不慣れな方でも自信が持てます。
受講料も紹介割引制度や学生割引制度等がありお得です。

働きたいけど子供がまだ小さくてとお悩みの方は、通信講座で学んで調剤薬局事務の資格を取り、働きやすい職場を探してみる事をお勧めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:通信講座

このページの先頭へ