通信講座で色彩検定の資格取得へ

色彩検定とは、色彩検定協会(旧名: A・F・T=全国服飾教育者連合会)が実施している「色彩に関する幅広い知識や技能を問う検定試験」のことで、1級から3級まで3つのレベルが用意されています。
試験資格は特に定められおらず、年齢や性別など関係なく誰でも受験することが可能で、飛び級も認められているので、いきなり1級から受験することも出来ます。

合格ラインは「各級満点の70%前後」の正答率ということになっており、大学受験などであるような「上位○○名」といった方式ではありません。

ただし、各回の出題難易度によって70%という数値には変動があり、A・F・T 側で調整していると言われています(おおよそ±3~4%程度)ので、「合格ライン70%~80%前後」を目安と考えておきましょう。

受験勉強をするにあたりスクールもありますが、通信講座で学ぶことをお勧めします。

そのメリットは、自分の好きなタイミングで安心の講座を受けられる点で、色彩検定に関する通信講座でも経験豊富な講師陣の授業を受けることが出来ます。

そのため自信や安心に繋がりますし、長年の情報が蓄積されていますから、長いスパンでみた問題傾向の変遷といった情報も教えてもらえます。
通信講座に数万円の授業料を支払うことは、いわばそのお金でやる気を促してくれるということです。

「高いお金を支払ったから元を取る」という気持ちが、あなたを奮い立たせてくれるでしょう。
まずは資料を取り寄せて、詳細な情報を見比べてから通信講座を選びましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:通信講座

このページの先頭へ