システム開発におけるSEの派遣が担う役割とは

一般的な業務系のシステム開発は、IT関連のソフトウェア会社に発注をかけて完成品を納品してもらう形が主流となっています。
経営の合理性の面から、社内向けのソフトウェア開発部門を抱えていないことが多く、餅は餅屋の理論から社外に丸投げとするケースが多いのです。

受注を獲得したソフトウェア会社は開発のためにプロジェクトチームを組織することになりますが、プロジェクトメンバーのトップとしてプロジェクトマネージャーが開発予算や進捗を管理します。

プロジェクトマネージャーの下には数名程度までのシステムエンジニアが配置され、受注先である顧客と直接連絡を取り合い、業務システムの設計を行います。

システムエンジニアはその頭文字を取ってSEと略されることが多くなっていますが、大抵の場合は通じる略語として既に定着しています。

なお、SEはソフトウェア開発会社の社員のみで揃える場合もあれば、派遣を受け入れる形で社外から調達するケースもあり、プロジェクト全体の規模や予算等を勘案し臨機応変な対応を取るのが通常です。

また、どうしても人手が足らず苦肉の策で派遣の受け入れにて人員を確保するプロジェクトの事例も多々あります。

多くのソフトウェア会社はコンスタントに受注を獲得できるとは限らないことから、社員も最低限の人員に抑制する傾向があり、大きな受注を得た場合には手が回らなくなってしまう懸念を抱えています。
そのような不測の事態に対して柔軟に対応できることを期待されているのがSEの派遣の活躍なのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:派遣

このページの先頭へ