紹介派遣という雇用形態の基礎知識

派遣社員という働き方は、求職者の取得している専門的なスキルや職歴をもとにして、仕事の内容や就労期間を選択して働くことができる雇用形態です。
近年の労働への規制緩和に伴って、派遣社員の需要が増加しています。

派遣社員としての労働は、派遣会社との雇用契約の違いにより幾つかの種類に分類されており、その中でも、直接雇用を前提として、一定期間派遣社員として働く形態が紹介派遣です。

紹介派遣による派遣期間は、最長でも6ヶ月以内となっていて、この期間終了後は、直接雇用されるか派遣契約を打ち切られます。

紹介派遣の場合は、労働者が派遣先で一定期間就労することによって、就労先での業務内容の詳細や職場の状況を確認できる特徴があります。

その後で、直接雇用に移行し継続して勤務するかどうかを決定することが出来る為に、労働者にとっては雇用条件に関するトラブルが少ない形態といえるでしょう。

また、企業側にとっても、労働者の適正を判断した後で直接雇用するかどうかを決定することができるので、双方にメリットの多い採用形態なのです。

つまり、紹介派遣の特徴として挙げられるのは、両者の合意により直接雇用となるため離職率が低くなる、ということです。
また、実務が未経験の労働者の場合でも雇用されることが多いので、新たなスキルを身につけることができるというメリットもあります。
このように、派遣の雇用形態には、一般的な派遣労働とは異なる様々な特徴があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:派遣

このページの先頭へ