人材派遣会社の紹介予定派遣として働く際の基礎知識

派遣社員として働く際には、予め雇用形態の種類について把握しておく必要があります。
派遣社員の種類の中に紹介予定派遣という制度があり、この制度は、直接雇用されることを前提として一定期間派遣先の企業で勤務するものです。

一般的な派遣と異なる点は、派遣期間を試験期間とし、スキルが業務内容と適合しているかを確認できることで、この制度を活用することで早期退職を防げるなど、企業と労働者の双方にメリットをもたらします。

ここでは、人材派遣会社の紹介予定派遣として働く際の基礎知識についてお話致します。
まず最初に、紹介予定派遣が通常の派遣と大きく異なるのは、派遣期間中に企業や仕事が合うかどうか見極めることができる点です。

この制度を利用することで、求職者としては仕事選びの失敗を防げます。
面接では伝えられなかったスキルを派遣期間中にアピールすることもでき、直接雇用のチャンスへつながる可能性も増えます。

次に、この派遣制度での確認事項についてですが、この制度を利用した場合は、派遣契約期間後の雇用形態の確認が必要になります。

直接雇用された際の雇用形態について確認しておけば、派遣期間終了後直接雇用の段階になってからの雇用契約についてのトラブルを回避することができます。

直接雇用後の仕事内容に変更はあるか、転勤の有無なども確認しておきましょう。
このように、人材派遣会社のこの制度を利用し就労する際には、予めこのようなポイントを押さえておく必要があるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:派遣

このページの先頭へ