労働者派遣という雇用形態の基礎知識

近年、派遣社員という形で就労する方の割合は増加傾向にあります。
この雇用形態は、正社員という正規雇用で就労する場合とは異なる特徴があり、その中でも、労働者派遣という雇用形態は、最も基本的な派遣社員としての働き方です。
それ故に、この派遣という雇用形態を選択して就労する際には、予め特徴を押さえておくことが必要です。

ここでは、労働者派遣という雇用形態の基礎知識についてお話致します。
先ず最初に、この雇用形態では、労働者は派遣会社に登録を行い、仕事が発生した時に紹介してもらうことになります。

予め労働期間が定められ、その期間派遣会社と雇用契約を結んで働きます。
この派遣期間が終了すれば派遣会社との雇用契約が終了し、再度新たな派遣先を斡旋してもらうことになります。

この勤務形態では、時間の都合や取得している技術のレベルに合わせて仕事を選ぶことができます。
次に、この雇用形態のメリットについてお話致します。

労働者派遣の場合、契約内容と違う業務を求められることが少ないため、予め仕事の内容を把握することができます。
また、勤務地や就労時間、労働期間などの就労条件を希望に沿って選べるという点もあります。

そして、この雇用形態では比較的時間の融通がききやすく、勤務先を複数にすることも可能ですので、特定の勤務先に拘束されることが少ないという特徴があります。
このように、労働者派遣という雇用形態には様々な特徴があるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:派遣

このページの先頭へ