紹介される仕事や内容によって派遣期間が違う

世間一般では、派遣での仕事は正社員と違うので、ボーナスがなかったり、いつ切られるかわからないなど、不安材料が多い働き方だと思われています。
確かに安定しない働き方ではありますが、継続的にお仕事ができるのも事実です。
派遣会社から紹介されるお仕事には、必ず派遣期間というものが決まっています。

単発の仕事であれば、1日数時間のみという場合もあり、短期間の仕事であれば、1週間から3ヶ月以内といったところです。
そして、長期間となれば、3ヶ月以上から最長1年間仕事をすることになります。

派遣会社から、毎回紹介される仕事の派遣期間は、必ずしも同じ期間になるとは限りません。
派遣先の企業の要望と仕事内容によって、契約期間が長かったり、短かったりするわけです。

引き受けた仕事の契約期間が満了となると、仕事自体も終了となることもありますが、引き続き同じ仕事内容で契約期間が延長となることも珍しくはありません。

3ヶ月単位や6ヶ月単位ごとに契約更新をしたり、ずっと同じ派遣先で仕事をする派遣社員も少なくないのです。
単発的なお仕事でさえも、仕事が終らない場合などは延長することもあります。

とはいっても、派遣の仕事をしていて一番怖いのが、企業の経営不振や景気悪化に伴うリストラです。
リストラの一番の対象者は派遣社員となり、派遣期間の途中で終了となる可能性もあります。
いつ何が起こるかわかりませんので、その為にも自分自身でスキル磨きをしておきましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:派遣

このページの先頭へ