派遣で訪問介護のお仕事を行う際に役立つ基礎知識

自宅で療養している方や、高齢で身体が不自由になってしまった方の自宅に出向き、日常生活のお世話をする仕事が訪問介護です。
この仕事をするためには看護師の資格が必要となり、身体の不自由な方をケアする専門的な知識も必要になります。
ここでは、派遣で訪問介護のお仕事を行う際に役立つ基礎知識についてお話致します。

先ず最初に、この雇用形態で働く際には、一人で利用者のお宅を訪問します。
利用者の方の中には訪問看護と訪問介護を併用されている方もいて、他の医療スタッフであるヘルパーさんや担当の医師と共に働くこともあります。

基本的な医療処置などは、看護師の資格を持つ方の仕事となります。
この仕事では、利用者の病状の観察をしたり、健康管理についてのアドバイスや、基本的な医療行為である体温測定や血圧測定などの健康チェックを行う事になります。

そして、リハビリのサポートや医療器具の管理など、業務内容は多種多様です。
それ故に、この仕事に従事する為には豊富な知識と技術が必要になるのです。

次に、派遣でこのお仕事をする際のメリットについてお話致します。
この雇用形態では予め勤務期間が規定されている為に、希望する期間だけ働く事ができます。

何らかの理由でフルタイムで働く事が困難な場合でも、就労可能な時間帯だけ働く事ができるので、効率良く時間を活用できる点がメリットです。
このように、派遣社員として訪問介護のお仕事をする際には、予めこれらのポイントを押さえておくことが必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:派遣

このページの先頭へ