派遣に関する法律が変った時、多くの請負を行なう会社が人材ビジネスの許可を取得しました

派遣に関する法律が変った時、請負を行なう会社の多くが人材ビジネスの許可を取得しました。
許可を取得した理由は単純なもので、これまでの顧客がそうしないと人材を受け入れないと言い出したからです。
ではなぜ、顧客がそんなことを言い出したのでしょうか。
例えば、工場のラインを想像してみてください。

そこでは電化製品の組み立てを行なっていると仮定します。
そのラインのリーダーがその工場の社員であり、そのラインで働く者が社員と外部の会社の社員の混合だとします。

この場合、そのラインのリーダーやその工場の社員は、外部の会社の社員に仕事の指示をすることができないのです。
請負契約を会社と会社が結んだ場合、外部の会社の社員への指揮命令はその仕事を請け負っている側しかできません。

その工場のリーダーが外部社員に指揮命令するためには、その外部社員が派遣社員である必要があるのです。
そのため、多くの会社が派遣の許可を取得するに到ったのでした。

ある年に、人材会社が急激に増加したのはこういった事情があったためです。
一方、こうやって生まれた即席の人材会社は、建前上は人材会社となりましたが実態は請け負い会社のままですから様々な法違反を起こしてしまう事態を招きました。

そもそも、労働に関する法律や、請負に関する法律の内容が分かり難い事が問題なのです。
外部人材を依頼する場合は、何をしてもらいたいのかを良く吟味して依頼しなければなりません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:派遣

このページの先頭へ