薬剤師の方が派遣社員として働く際に必要な基礎知識

薬剤師の方の働く就労先には、様々な種類があります。
この資格をお持ちの方の最も一般的な就労先としては調剤薬局があり、病院の処方箋に基づいて薬を処したり、患者さんへ薬の正しい服用法や薬の情報を提供する事が主な仕事です。

また、患者さんによっては複数の処方箋を出されていることもあるので、薬の飲み合わせに問題がないかを確認する事も重要となります。
そして、ドラッグストアも求人の多い就労先で、来店した患者さんの症状に合わせて医薬品を紹介したり、服用上の注意などを説明します。

このように、この資格をお持ちの方の就労先には様々な種類がありますが、派遣社員として働く際には、予め基本的なポイントを押さえておく必要があります。

ここでは、薬剤師の方が派遣社員として働く際に必要な基礎知識についてお話致します。
先ず最初に、この資格をお持ちの方が派遣社員として働く場合は、一般とは異なり、直接雇用が前提で働くことが必要です。
同一就労先では最長1年以内の勤務であることが決められており、管理部門を除くことが定められています。

次に、薬剤師としてこの雇用形態で働くことのメリットは、勤務場所や勤務時間の選択が出来るため、希望に合わせた働き方ができるという点があります。

また、就労条件などについて雇用先とのトラブルを防ぐ事ができ、短期契約のため職場での人間関係のトラブルが少ないというメリットもあります。
このように、この資格をお持ちの方が派遣社員としてで就労するためには、予めこれらのポイントを把握しておく必要があるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:派遣

このページの先頭へ