派遣で経理事務の仕事に就くには。

一口に派遣といえども様々な仕事があり、事務職、営業職、販売職、SE等、多種に渡ります。
ここでは、事務職の中でも、もっとも人気の高いとされている経理事務についてご説明したいと思います。
まず具体的な仕事内容ですが、主に請求書の発行、入金処理、伝票仕訳入力、支払い業務、手形台帳管理といった仕事が主な業務になります。

もっと経験を積んでいくと、月次決算や税務処理など、会社の損益を分かりやすく数字にするような仕事も任されるようになり、また会社によっては、社員の給与計算などの総務的な仕事をする場合もあります。

これは会社によって違うので、確認してみる必要があることです。
正社員であれ派遣であれ、共通して言えるのは「未経験で採用されるのは難しい」ということで、他の事務職とは違って専門性の高い仕事ですし、簿記の知識も必要とされます。

その為、未経験で採用されるのは難しいものなのです。
しかも経理事務の派遣は、営業事務と比べても時給が高めの設定になっています。

では、未経験の場合はどうしたらいいのでしょうか。
まず必要不可欠なのは、簿記の資格です。

簿記の資格は1~3級まであり、簿記1級は難易度がかなり高いものですので、1級レベルまでいけば、会社の財務の仕事でも充分に通用します。

しかし、それだけに時間を費やして勉強しないと取得するのは難しいものです。
そして、経理事務ならば簿記2級を取得した方が良いでしょう。

最近では、簿記2級を取得している方が大勢いますので、3級より2級を取得する方がより有利になります。
あとは、アルバイトやパートで経験を積むことでも有利になり得るでしょう。
経験が少しでもあれば採用されやすい傾向にありますので、ぜひチャレンジしてみて下さい。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:派遣

このページの先頭へ