プログラマは、プログラム作成の時期に必要となるので、派遣を採用する会社が多い

プログラマとは、様々なシステム開発における業務アプリケーションやウェブアプリケーション、またパッケージソフトなどで動作するプログラムを作成する人のことをいいます。
システム開発は要件定義、設計、プログラム作成、テストなどの工程をおって行われる仕事ですが、プログラム作成の時期に必要となってくるのがプログラマなのです。

その主な作業としては、設計書に基づいてプログラムを作成することと、そのプログラムが設計書通りに動作するかを確認することです。
担当するプログラムにおいて、前述した作業を完了させることが求められる仕事です。

よって、システム開発における全般的な作業を求められる訳ではなく、プログラム作成の時期においてのみ主に必要となってくるポジションですので、その時期に多くの人が必要となってきます。

その時期が終了すると、多くの人が必要ではなくなるために、その期間だけ派遣として採用する会社や企業が多いのも事実です。

仕事を発注する側は、システム開発におけるコストをなるべく最小限で抑えたいと考え、必要な期間のみにその費用を使うのは当たり前のことでしょう。

よってプログラミングを専門に行っている人は、必要な時期が終わったら派遣としての契約を終了される場合がほとんどだといえます。
しかし、テストの段階で作成したプログラムに不具合が見つかったり、仕様や要件が変更されることによってプログラムを修正、作成することもあります。

プログラマの中でも能力が高いと認められれば、派遣の契約を延長され、プログラム作成の工程以外でも必要とされる場合がある仕事なのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:派遣

このページの先頭へ