派遣社員から正社員になるには

派遣社員と正社員との違いを説明します。
両者とも会社に雇われて仕事をして、その報酬として給料をもらうという立場に変わりはありません。
派遣だからと言って仕事に対する責任が緩いということはなく、正規の社員と同様の役務提供を求められます。

中には派遣の方が気楽に自分のペースで仕事をやれて良いという人もいますが、アンケート等では、多くの派遣社員が将来的には正規の社員になりたいと考えています。

その最大の理由は、待遇の違いです。
一般に、平の一般社員と派遣社員は月給や基本給はさほど変わらない企業も少なくありません。

しかし、正規社員は派遣に比べてボーナスが多く、また簡単に会社から解雇されないという安定した立場になり、さらに、福利厚生の面でも、正規社員の方が派遣よりも優れている点が存在します。

派遣の場合は、いくら自分が一生懸命仕事を頑張っていても、会社の業績が良くなければ、簡単に切られてしまう恐れもあります。
では、どうすれば派遣から正社員になれるかですが、まずは与えられた仕事をきっちりこなすことです。

仕事ができない社員の契約が良くなることはまずありえないからです。
そして、自分が将来的には正社員になりたいと思っているということを、きっちり現場の上司にアピールすることも大切です。

遠慮しているのか、それとも言わなくても上司が分かっていると思っているのか、自分の待遇改善の希望を言わない派遣の人もいます。
しかし、上司とのコミュニケーションを深める意味でも自分の意思はきちんと伝えるべきでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:派遣

このページの先頭へ