派遣社員でも有給の取得は可能か

正社員であれば、一定の基準を満たすことで有給休暇を取得することが可能です。
では、派遣社員の場合には休暇を取得することは可能なのでしょうか。
イメージとして、派遣社員は正社員とは違い待遇が悪いように感じられ、休暇なんて取得することはできないと思われがちですが、基準さえ満たしていれば有給休暇を取得することは可能となっています。

基準とは、同一の派遣会社から6か月以上継続して勤務していることと、労働日の8割以上出勤が確認されることがあり、2つを満たすことで休暇を取得することが出来るのです。

2つの条件を満たして6か月を超えると10日間の有給が、そして、その後1年ごとに1日ずつ休暇日数が増え、最高で20日間になります。

また、6か月を超えない1か月や3か月などの短期の契約を繰り返している場合でも、同じ派遣会社と継続して6か月以上の契約がなされているのであれば、休暇を決められた日数取得できるようになっています。

いくら休暇を貰えるからといっても、仕事に支障をきたすような取り方では信頼を失ってしまい、契約の更新を見送られることもありますので、支障をきたさない決められた範囲内で取得するようにしてください。

休暇を取得するためには、雇用元の担当者に休暇を取得したいことを伝え、勤務先の担当者と相談したうえで許可を貰う必要があります。
会社によっては定められた手順で前もって休暇を取得することを伝えていないと、欠勤扱いにされることもあるので注意しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:派遣

このページの先頭へ