派遣労働には、特定派遣と一般派遣の2つの種類があります

正社員として働くことが困難であったり、正社員としての働き口が見つからない場合の働き方として、派遣労働という新しい働き方を取る人が増えてきています。
派遣という働き方は現在では一般的で、多くの人が取っている方法ではありますが、派遣という制度をよく理解していない人は多いです。

まず、派遣として働くためには、派遣労働には種類があるということを知っておく必要があります。
派遣には、特定派遣と一般派遣の2つの種類があります。

特定派遣とは、通常、働き期間を定めることなく雇用されます。
常用雇用という形で派遣会社と雇用契約を結び、派遣先に派遣されて仕事を行います。

派遣先との仕事の契約が切れても派遣会社との雇用契約は切れることがないので、新たな派遣先で働くということになります。
一方、一般派遣とは、派遣会社に登録して派遣会社と期間限定の雇用契約を結ぶことです。

派遣先に派遣された段階から雇用契約がスタートして、定められた期間がくると派遣先との雇用が切れるのと同時に、派遣会社との雇用も切れてしまうことになります。

次に新しく派遣会社と雇用契約を結んだり、新たな派遣会社を探す必要があります。
安定的に収入や就業先を得ていくことができるタイプは特定派遣で、専門性の高い設計や開発、技術系の職種に多く見られる種類です。

一般派遣は、事務系の職種に多く見られますが、事務系の仕事でも特定派遣を採用しているところはあり、安定的に収入を得ることはできます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:派遣

このページの先頭へ