価値観の変化と派遣求人の需要について

ライフスタイルが多様化すると、それに付随して多くの事柄も変化していきます。
例えば、それは働き方についても言えます。
かつては、終身雇用前提の正社員として働くという考え方が社会通念となっていましたが、近年では、派遣求人で自らの条件と合ったものを選択して働くという考え方もだいぶ一般的になってきました。

これは、条件次第では正社員並みの給料が支払われる場合もあり、様々な仕事を経験していく中で、ひとつの業種にとどまらない広い知識とスキルが身につくためです。
ところで、社畜という言葉をご存じでしょうか。

家畜をもじったインターネットスラングですが、企業に対して身を粉にして働いて、企業からは良い道具として使い捨てられるような企業人のことを言い、こうした考え方も、ライフスタイルの変化とともに生まれた新しい仕事観だと言えるでしょう。

そうした企業に縛られない自分らしさを追求した働き方として、派遣求人で食べていくというスタイルが普及するのも、必然的な成り行きなのかもしれません。

企業側も、時給が高くとも終身雇用やボーナス、それに厚生年金や社会保険といった事柄を考慮する必要がなく、既にスキルを持った人材を長い教育なしで労働力にできるということもあり、こうしたスタイルを受け入れています。

インターネットには、今や多くの派遣求人サイトが登場しています。

こうしたサイト及び企業が多く登場するということは、それだけ社会において需要があるということであり、派遣求人を出す企業とそれを求める労働者の構造は続いていくと言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:派遣

このページの先頭へ