特定派遣は派遣会社の正社員が派遣されるもの

何年か前、派遣切りが大きな社会問題となりました。
また、多くのネットカフェ難民を発生させた日雇い派遣も社会によいイメージがありません。
派遣という働き方は、不安定でよくない働き方だとされています。
しかし、特定派遣は別です。

特定派遣は、派遣会社の正社員が派遣されるもので、普通の派遣会社と比べると異なる点が多くあります。
一番大きいのが、派遣切りにあっても、派遣される社員の雇用は守られることです。

正社員であるため、解雇になることはほとんどありません。
次に、入社した会社よりもワンランク上の会社で働くことができることもメリットです。

一流の上場企業の業務に携わることができますので、キャリアアップにはよいでしょう。
また、会社によっては入社時などに社内研修を受けることができます。

正社員のため、会社が全費用を負担して品質の高い研修を受けられるなど、特定派遣は普通の派遣に比べてメリットが多くあります。
その反面デメリットもあり、派遣会社としては技術が蓄積されないという点が大きいです。

システム会社ではサーバや開発環境などはすべて派遣先企業のものであるため、社内に開発資料などを貯めておくことができません。
社員個人のスキルは上がりますが、流動性が激しい業界ですので会社の財産とはなり得ません。

そして、給料の面でも安いことが多いです。
一般派遣と比べれば専門的な技術職が多いので恵まれていますが、派遣先の正社員と比べれば安く抑えられています。

しかし、スキルアップのためと割り切ることも必要かもしれません。
このように、派遣という名前は付きますが、特定派遣はそれほど悪いものではないのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:派遣

このページの先頭へ