派遣業務のメリットとデメリットについて

派遣業務は、正規労働とは異なる新しい働き方として注目されています。
メリットとして、ライフスタイルに合わせて、働く期間や時間、勤務地を重視して仕事を選ぶことができます。
フルタイムだけではなく、家庭の育児との両立を行いたい方にとっては魅力的な働き方と言えるでしょう。

また、各スキルにもよりますが、さまざまな仕事や職場を経験することができます。
未経験可の仕事も多くありますので、スキルアップしたい人や正社員では諦めていた上場企業で働く機会もあります。

そして、基本的にアルバイトと比べると時給が高く設定されています。
仕事紹介から就業終了までを派遣会社が手厚くサポートしてくれるので、就業先での不安なことや悩みなどにも相談にのってもらえます。

そういったフォローがあるので、安心して仕事ができるのです。
一方デメリットとしては、時給制なので収入が安定しないということがあります。

春やお盆、年末年始など、連休が多かったりすると月収はダウンしてしまいます。

また、派遣業務ということで仕事の範囲は明確となっていますが、その分、責任のある仕事をする機会は少なくなりますので仕事の範囲を広げることはできなくなる場合があります。

そして、契約期間が決まっているので、仕事を続けたいと思っていても、契約期間が終了すると後々の雇用が不安定な点もあります。

こういった新しい仕事として派遣業務は注目される一方で、メリットとデメリットはどちらも存在します。
これらを考慮した上で、十分に検討していくと良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:派遣

このページの先頭へ