派遣健保とは、派遣社員を対象とします

派遣健保とは、派遣社員を対象とした健康保険制度のことです。
派遣社員は正社員ではありませんので立場が弱い面があり、社会保険などがきちんと整っていませんでしたが、法律により派遣社員でも社会保険に加入させる、加入する義務があると定められました。
そのような中で、派遣健保は2002年誕生しました。

健康保険制度は、病気やけがで病院を受診した場合の医療費の負担が軽減されるもので、その費用を全額自己負担ではなく半額企業が持ってくれる制度です。

派遣健保が誕生するまでは、派遣会社で健康保険に入ることができても、契約が切れるたびに国民健康保険に入りなおさなければならないという面倒な作業が必要でした。

この制度が誕生したことで、加入していると派遣契約が終了しても次の仕事が決まるまでの間、引き続き被保険者として加入し続けることができるようになりました。

しかし、加入し続けるためには保険料を今まで通り支払い続け、一定の条件を満たしておく必要があります。

その条件とは、同じ派遣元で引き続き登録派遣社員として働くことや、契約が終了する時点で次の仕事が1か月以上の契約で見込めること、契約終了から新しい仕事が開始されるまでが1か月以内であることです。

また、派遣会社で加入することになるので、次の仕事を別の派遣会社で行う場合にはいったん保険証を返納して資格を失い、新しい派遣会社で加入しなおす必要があります。

1年以上被保険者であれば、出産時や病気、けがなどの時に給付を受けることも可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:派遣

このページの先頭へ