派遣社員と契約社員の違いについて

さまざまな雇用形態がある世の中ですが、派遣社員と契約社員にはどのような違いがあるのでしょうか。
一見すると同じもののように感じられますが、一番の違いは、勤務先との雇用の方法が、直接雇用であるかそうでないかという点があります。
それ以外にもさまざまな違いがあり、派遣社員は派遣会社と雇用契約を結び、勤務先となる企業で働くことになります。

契約期間は1か月という短期のものから、3か月や6か月、1年などで更新を行っていくものなどもあり、一般的に短期以外の長期雇用を行う場合には、あらかじめ3か月程度の短期の試用期間を設けています。

雇う側は、働く人のスキルを見極めたり、雇われる側も働きやすい環境かを見極めることになります。
双方に同意があれば契約を更新していくことになりますが、最長でも同じ勤務先で働くことができる期間は3年と法律により決められています。

給与は時給で計算されることが多く、昇給のチャンスがありますが、給与の調整や交渉は、営業担当者と勤務先の担当者が行うことになり、仕事をする本人が交渉するのではありません。

一方の契約社員は、企業と直接雇用契約を結ぶことにより働きます。
主に6か月や1年という契約期間で、更新を行うことになります。

上限の契約期間は一般的に3年ですが、満60歳以上の人や基準に該当する専門知識や高度技術、経験を持つ人は5年などというように、別に定めがあります。

給与は、時給や月給、年俸など、企業により取られる形態に違いがあり、給与交渉は自分で行うことになります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:派遣

このページの先頭へ