派遣として働く女性が気になること

派遣社員として働く女性の数は年を追うごとに多くなり、あえて派遣を選択する人も増えてきています。
そのような女性が気になることに、結婚して出産するという事態になっても働くことができるのかということがあります。
不景気の世の中ですから、新しい職場を探すことは容易ではありません。

まして、出産後に育児をしながらでも仕事ができる職場を探すことは至難の業であり、現在の職場を維持していきたいと考えることは当然のことです。
結論を言いますと、一定基準を満たすことができれば、産休や育児休暇を取得することができるので、出産後も仕事を続けることができます。

産休は、本人が希望すれば産前に6週間(多胎の場合には14週間)、産後は絶対に8週間(本人が希望し請求があれば6週間まで)取ることができると法律によって定められています。

育児休暇は、原則的に1歳に満たない子供の養育のために取る休暇ですが、休暇を取るためには条件を満たす必要があります。

1事業主に引き続き1年以上雇用される期間があることや、子供の1歳の誕生日の前日を超えて引き続き雇用されることが見込まれることなど条件があり、また、保育所に入所を希望しているが空きがなく入所が困難な場合や、子供の養育をする配偶者が1歳を過ぎた後に養育する予定でいたが死亡や疾病、負傷などの事情により養育が困難になった場合には、1歳を超えて1歳6か月になるまでの間も育児休暇を取得することができるようになっています。

しかし、産休に関しては各派遣会社により対応が異なるケースもあるため、産休取得実績のある派遣会社をあらかじめ選んだり、面接の際に確認しておくことをお勧めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:派遣

このページの先頭へ