厚生労働省の労働者派遣パンフレット

厚生労働省のホームページの中には、労働者派遣パンフレットと呼ばれるものを公開しています。
これは、派遣会社、仕事をする人、雇用先企業、そしてハローワークに向けて、それぞれ個別のパンフレットが存在します。
パンフレットの目的は、労働者派遣に関わる制度についての説明が記述されてあり、この制度にあるように雇用を行ったり、就業をしなければならないというルールが記載されています。

最近問題になっている就業期間の定めなどもこのパンフレットにあります。
これは、業務によっては同じ就業先で3年以上働けない、雇用はできないという内容です。

また、特定の業務でもある26業務は、期間制限を設けず3年以上就業を行っても良いとされる業務もあります。
この26業務の中にある仕事であれば、3年以上働いても構わないということになります。

しかし、26業務の中には無い業務では、原則1年間または3年間までの期間しか就業することが出来ません。
定められている業務は、物を作るという製造業、軽作業、そして一般事務などです。

期間が定められている業務を行っている場合、引き続きその人材に働いて貰いたいと企業側が考えた場合には、本人同意の上で企業が直接雇用を行うことで可能となります。

この場合の直接雇用は、パート、契約社員、正社員の中から選択をして決めることになります。

これはあくまでも一例に過ぎませんが、このパンフレットには、就業する者、雇用を行う側、利用をする企業側などが守らなければならない重要なことがいくつも記載されています。

いずれの立場にしても、関わるのであれば一度確認しておくことをお勧めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:派遣

このページの先頭へ