派遣社員とアルバイトの違いと特徴

雇用形態とは、企業と勤務する人が結ぶ雇用契約の事で、主に正社員と契約社員があります。
その他に派遣社員とアルバイトがありますが、派遣社員は人材派遣会社に登録して企業先へ勤務する事です。
そして、即戦力としての能力も期待されている為に、高時給の企業が多いのも特徴です。

登録する事で、社会保険の加入はもちろんですがカウンセリングを設けている会社もありますので、仕事上の相談や悩み等の精神的なサポートもしてくれます。

また、様々な施設が割引される特典も付いていますので、働きやすい上にプライベートも楽しめるでしょう。
次にアルバイトですが、こちらは、未経験でも働ける簡単な仕事が多く、学生や主婦が多いのが特徴です。

しかし、法的にはっきりと定義されていませんので、パートタイマーとの区別が若干解りにくい面もあります。
企業で認識の違いはありますが、一般的には「短時間」の仕事がパートで、「短期間」の仕事をアルバイトとして分けている企業が多いです。

アルバイトは短期間なので、人間関係や仕事のトラブルでの精神的なストレスが少ないのも良いでしょう。
また、自分の時間を中心に働けますので、ダブルワークとして働きたい人や、空いた時間を有効に使いたい人には、メリットがある働き方と言えます。

そして、一定条件を満たせば正社員同様に、最低10日間の有給休暇も取得できます。
雇用形態や収入が不安定という点もありますので、自分のライフスタイルに合った雇用形態を見極める必要があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:派遣

このページの先頭へ