派遣契約と請負契約の違いについて

労働に関係する決まりや法律は複雑で分かりにくい点がありますが、詳しく知っておくと大変役に立ちます。
皆さんは、派遣契約と請負契約の違いについてご存知でしょうか。
労働者派遣とは、派遣元が登録している労働者を派遣先へ派遣して、派遣先の指示命令の元に労働する形態です。

労働者派遣に先立ち、派遣元と派遣先が結ぶ契約を労働者派遣契約と言います。
派遣元と労働者は労働契約を結びます。

労働者派遣には2つの形態があり、期間の定めのない労働者のみを派遣する特定労働者派遣と、派遣元に登録している労働者から派遣する一般労働者派遣があります。

派遣労働者は、労働基準法を始めとする労働者を保護する法律が適用されますので、条件を満たしている場合には、社会保険に加入する義務があります。

一方の請負契約とは、請負者が仕事の成果を提供して、その成果に対して注文者が報酬を支払う事を言います。
請負契約を結んだ注文者は、労働基準法を始めとする労働者を保護する法律の規制を受けず、社会保険の加入義務も免れる事が出来ます。

但し、請負会社に雇用された場合には、派遣労働者と同じで法律の規制があり、社会保険加入の義務もあります。

また、請負会社の社員が発注先の社員の指示の元に仕事をした場合は偽装請負になりますので、人材派遣業の許可を厚生労働大臣から受け、労働者派遣契約を結び、派遣元に労働者を派遣する必要があります。

内容が混同しがちですが、企業側も労働者側もしっかり理解をしておく事が大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:派遣

このページの先頭へ