看護婦の派遣が増えている現状

雇用形態には様々な種類がありますが、現在の日本経済における特徴は、非正規雇用が増加する動きが続き、自分の生活スタイルなどに合わせた働き方を選ぶ人が増えてきています。
派遣も人気のある働き方の一つで、労働者は派遣会社と契約を結び労働時間や給料に関する交渉等を行い、派遣先の企業で仕事の指示を受けて働くというスタイルですが、看護師の間でも人気が高まっています。

現在では、保健師助産師看護法によって名称が看護婦から男女とも統一して看護師へと改訂されたこの職業ですが、以前看護婦として働いていた女性が結婚や出産を経て派遣看護師として働くケースが増えています。

人気の理由としては、パートやアルバイトに比べて時給が高い、自分の希望する勤務時間や休日で働ける職場を探してもらえるなどが挙げられます。

本来、医療関連業務に従事する者は派遣で働くことが法律によって禁止されていますが、病院や診療所以外の施設等での業務や、産休・育休・介護休暇中の看護師の代替等に関しては違法には当たりません。

つまり、一般企業の医務室で産業看護師や産業保健師として働いたり、大学の保健室や保育園といった病院以外での働き方が可能で、人気があるとともに需要が増えています。

特に、修学旅行や一般の団体旅行等に同行するツアーナースは、旅行者のケガや病気の処置を行う仕事として人気があります。

しかし、本来は禁止されている仕事を紹介する会社もありますので、違法行為とならないよう自分で気をつける事も大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:派遣

このページの先頭へ