日本には全国各地に派遣協会があります

一般財団法人技能ボランティア海外派遣協会「NISVA(ニスバ)」は、日本財団のシニア海外派遣のプロジェクトを運営しており、国際交流を支援する団体としてシニアボランティアを東南アジア各地に派遣しています。
東南アジアでは様々な技術や知識を必要としており、そこへ日本の卓越した技術と経験を持つ日本のシニア世代を派遣して、お互いが協力しながら交流を深める事を目的としています。

そうした活動により、現地の人々の目線で物事を捉える事が出来ますので、理解が深まり色々な問題の解決策にも繋がります。

そして、現在ではインドネシアやスリランカ等の東南アジア10ヶ国へ300名を超えるシニアボランティアが派遣しており、豊かな世界を築く架け橋として活動しています。

次に紹介する「家庭教師派遣協会」は、愛媛県松山市で開業30年以上になる派遣協会です。

知識や経験が豊富なのはもちろんですが、中高一貫校や共学等のそれぞれの学校に合わせた勉強方法で指導しており、更に愛媛県内の授業や傾向の詳しいデータを収集していますので、細かい指導も可能にしています。

また、相性を重視した講師を選べる上に、子供に合わせて日程や指導時間を変更出来ます。
その他にもプロの講師によるハイレベルな指導や、本人の能力に合わせたカリキュラムを組みますので、自身を持って希望の学校へ挑めるでしょう。

その他にも、不登校や発達障害を持つ子供専門の家庭教師も配属していますので、子供の個性を生かし、能力を伸ばすサポート体制がしっかりと取られていますので、親は全面的に信頼し任せる事が出来ます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:派遣

このページの先頭へ