出向と派遣の違いについて

最近は企業での様々な労働形態がありますが、その中でも良く耳にする言葉に「出向」と「派遣」があります。
実際に何がどのように違うのか良く理解できていないのが現状で、どちらも就業先の指示命令によって労働するので非常によく似ており区別が大変難しいですが、その違いは両者の労働契約関係が大きく関係しています。
在籍出向とは、出向元と締結された労働契約関係を維持しつつ就業先に労働契約関係の一部と指揮命令の権限が移転する事を言い、転籍出向は、出向元との労働契約関係がすべて転籍先に移転します。

労働者派遣の場合、労働契約関係は派遣元との間にありますが、指揮命令の権限は派遣先へ移転します。
そして、労働者派遣で働く方には法律がありますが、在籍や転籍で働く方を守る法律が制定されてないので、多くのトラブルが生じています。

書類上の扱いと実際の就業形態に違いがある偽装行為は、職業安定法に違反しますので列記とした犯罪です。

一生懸命に職務を全うしようとする労働者を侮辱する行為で、この様な事が起こらない為には、複雑で細分化された内容を受け入れる側が理解する事が大切で、認識不足では円滑な業務遂行が不可能になります。

人事に携わる方にとって現場とのコミュニケーションは大変重要であり、内容の理解を深める努力が常に求められます。
多くの業界での人材不足が深刻化する一方で、企業と労働者を取り巻くトラブルのニュースが後を絶ちません。

会社へ貢献しようとする働く側と受け入れる企業側が、気持ち良く働ける世の中になる事が一番です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:派遣

このページの先頭へ