派遣翻訳者のメリットについて

派遣翻訳者は、請負の在宅勤務とは違い派遣会社のスタッフとして企業に赴き作業に携わる形式を取りますが、これをオンサイト勤務と言います。
その仕事内容は、主にソフトウェアのローカライズや海外向けの書類作成を担当しますので、専門知識や職務経験が重要視されます。
そして、依頼者と同じ場所で仕事しますので要望などに迅速に対応出来、直にコミュニケーションを取ることにより、細かい対応も理解しやすくなります。

請負は依頼の見積もり作成やその他にも手続きがありますが、派遣の場合は翻訳だけの仕事ですので、雑務が無い分スピーディーにこなせます。
しかし、企業によっては他の仕事も頼まれる場合もありますので、その点は面接の際に確認しておく必要があります。

仕事量によって収入が変わる請負とは違い、毎月決まった給料を貰えますので、時間が多少拘束されても安定した環境で働きたい人には最適です。
また、最近ではオンサイトの依頼をする企業も増えてきました。

その理由として、コストが安いことや優秀な翻訳者を確保したいといったことが挙げられています。
会社によっては社外に持ち出せない重要書類を使用しなければならない場合もありますので、派遣スタッフの存在はとても重宝されています。

この様に、両者にとってメリットが多い派遣ですが、会社から通訳を依頼されるケースもあります。

この二つは全く別物の職業ですし、翻訳が出来るからといって通訳が出来るとは限りませんので、企業側も翻訳の仕事や本質を十分に理解する事が重要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:派遣

このページの先頭へ