教育ITを使った効率的な勉強方法について

学校教育については、国が大きな指針を作ることで全国の公立の学校ではほぼ同じ水準の学習環境が確保されています。
このような状況は終戦直後から大きく変わっていません。
しかしながら、少子化によって1クラスあたりの生徒数は少なくなっており、教師が個別に指導を行うことについては条件が良くなっていると言えます。

少し前まではゆとり教育ということで、学習内容が大幅に削られるなどの措置が行われてきましたが、現在はまた学習内容を増やす方向での改革が行われています。

このような状況の中で、個別の生徒が多くの学習内容を効率的に学ぶための手法が必要となっています。
特にITを利用した教材などの活用が今後の教育現場に活用されることによって、学習の効率化が期待されています。

今までは、紙の教科書に書かれた文字を見て学習するのが一般的ですが、コンピュータを使って動画などを利用することにより、ビジュアル的な学習が可能となります。

学校の学年が上がるたびに、学習内容は抽象的になって行くため、紙の教科書に書かれた文字だけで内容を理解することは難しいのが実情です。

特に数学や理科については、実際に数式の意味や目に見えない化学反応などについて目で確認することによって、より理解を深められるのです。

さらに優秀な教材については家庭のパソコンでインターネット経由でダウンロードすることによって、家庭での学習にも役に立ちます。
このように、教育ITは学校や家で学習に高い効果を上げることが期待されています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:教育

このページの先頭へ